乳児を連れての長距離フライト

去年、まだ0歳だった娘を連れて夫と3人で日本へ一時帰国しました。

スコットランドの我が家から日本の実家まで、ざっくりいうと丸1日かかります。

これには空港までの移動時間、乗り継ぎ時間なども含まれているので、24時間飛行機に乗っているわけではありませんが。

 

 

『長距離フライトでしょ?飛行機大丈夫だった?』

 

これ、よく聞かれました。確かに、飛行機に乗っている時間は最初の飛行機が約1時間、その後乗り継いで次の飛行機が約11時間。

 

楽勝!というわけではありませんが、でも思ったよりは楽でした。

でもそれは乳児期だったから‼︎
1人で歩き出した頃やイヤイヤ期に入った後の方が目が離せなくて、もっともっと大変だろうと思います。

 

 

乳児との飛行機搭乗は大変なんじゃないか?と思っている方にぜひ言いたいこと

「大変かもしれないけど、幼児期の方がもっと大変ですから!旅行に行くとか遠く離れた実家に行くとか…考えているなら0歳のうちがオススメですよ」ということ。

 

 

航空会社によって、またその飛行機の混雑具合によっても違うでしょうが、

  • 2歳未満は一緒に旅行する大人の膝の上に座らせることができれば飛行機代は無料。その場合、子供の席は確保されませんが、バシネットというベビーコッドが設置できる場所の前に大人の席が確保され、子供はコッドの中で寝ることができます。
  • 登場時やセキュリティチェックの際は優先的に案内してもらえ、並ぶ必要がないので助かります。

またうちの場合、初めて娘を飛行機に乗せたときはまだ離乳食を開始する前でしたので、食事の準備をする必要もなくて楽でした。

 

 

でも、もちろん問題もありました。

  • 慣れない環境で愚図るので、抱っこして通路を何度も歩き子供をあやす必要がありました。子どもは泣くものだから…と理解を示してくれる方もいますが、やっぱり近くでギャンギャン泣かれたら正直うるさいなーと思うでしょうし、ギャン泣きだけは避けたくて、夫と交代であやしていました。
  • 寝たなーと思ってバシネットにそっと入れても、飛行機の騒音や揺れなどですぐに起きてしまうので結局バシネットで大人しく寝てくれたのは1時間くらいでした。
  • 機内のトイレにオムツ替え用のボードはありますが、とても狭いし揺れるので、なかなか大変。気圧の関係のためか何度もウンチが出て、何度も子どもを連れてトイレに並びました。
  • そんな感じで、常にトイレに行ったり、子どもをあやすために歩き回ったりしていたので、機内ではゆっくり映画を見るどころか、食事もきたら夫と交互に急いで食べてテーブルを片付け、睡眠はほとんど取れませんでした。

 

 

 

次に飛行機に乗るときは、前回よりもっと大変でしょうが…やっぱりたまには日本に帰りたいので、また子どもと飛行機に乗ってきます!