日本とスコットランドの違い オムツ編

今回の帰省中に一番関心があったことは我が子のオムツ。

0歳児の娘、1日に何度もオムツを変える必要があるので、自然と関心が湧きました。

 

 

 

スコットランドでのオムツ事情

スコットランドには日本のようにたくさんのオムツブランドはありません。

どこのお店でも手に入るのは日本でもおなじみのパンパースくらい。

それ以外は、各スーパーマーケットや薬局のオリジナルブランドのもの。

 

 

同じパンパース、でも違う?

イギリスで販売されているパンパースのパッケージ

f:id:cream-tea:20170713005124j:plain

www.pampers.co.uk

サイトを見ていただくとわかると思いますが、サイズ展開が数字表記で細かくステップアップしていく感じです。

 

 

 

日本で娘のオムツを買うことになった時、困ったのがサイズ。

日本の場合、基本がS、M、Lの3サイズなので、Sだとちょっと小さいかな?でもMだと大きすぎるかな?どっちがいいんだろう?と迷いました。

またイギリスと違って、たくさんのメーカーからオムツが販売されており、同じSでもメーカーによって若干大きさが違ったり…

なので買う時はネットで情報を検索したり、子育て中の友人に聞いたりして買っています。

 

サイズは基本、S、M、Lの3つしかないものの、それぞれのメーカーがいろいろな特徴を持ったオムツを販売しているので、いろいろ試して比較してみるのもちょっと楽しいです。 

 

今の所の感想としては、どのメーカーのオムツもギャザーがしっかりしていて、テープ部分がよく伸びるので、つけた時のフィット感があるように感じました。

オムツ事情に関してはイギリスより日本の方が優れているなーと思います。