読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とってもお得!妊婦&ママたちの強い味方

妊娠すると、マタニティー用の下着や服、生まれてくるベビーの服やケア用品など様々なものを準備していくことになると思います。イギリスにも日本のようにマタニティーグッズやベビーグッズの専門店があったり、大手の薬局にはベビー用のケア用品などが売っているので、もちろんそれらのお店にもお世話になっているのですが、その他にとてもお世話になったのがThe Jack & Jill Market です。

jackandjillmarket.co.uk

このThe Jack & Jill Marketは毎週末、スコットランドの各地で開かれているベビーグッズの中古マーケット。子供が大きくなって、もう使わなくなったベビーグッズを持ち主であるパパ&ママが販売するというものです。オンラインでの買い物もできます。

 

 

ベビーカーやチャイルドシートを始め、ベビーグッズって結構高いものが多いけど子供の成長に合わせて買い替えが必要だし、1つ1つのものは意外と使える期間が短かく使わなくなったものを家に置いておいても場所を取ってしまう…そんな問題を解決してくれるのがこのマーケットなのです。

 

 

売りたい人はお店の出店料として£ 27.00かかりますが、売り上げ金額は100%自分のものとなります。買いたい人は会場への入場料として大人1人£ 1.50必要です。

 

このマーケットでは売りたいものを何でも売れるわけではなく、保存状態が良いもの限定で、パーツなどが欠けていたり壊れているものは対象外のマーケット。

事前にマーケットの主催者側が品物のチェックをしてくれるので、並んでいる品物は状態がとても良いものが多いのも安心です。また使っていたパパ&ママ本人から使い心地や実際どれくらい使っていたか、などの話が聞けるのも良いところ。

 

 

 

我が家はこのマーケットで新生児から使えるチャイルドシート、ファーストベビーカー、モーゼズバスケットを購入しました。

 

 

チャイルドシート

イギリスも日本同様ベビーを車に乗せる際には必ず必要になります。ですが、ベビーの成長に合わせて買い替えが必要で結構高いんですよね。このマーケットでとても状態の良いBRITAXのチャイルドシートを見つけ購入しました。お値段も定価の半額以下。思っていた以上に状態が良かったので何か理由があるのか持ち主だった方に聞いてみたところ、「生まれてきたベビーの成長が早くすぐにサイズアウトで使えなくなってしまった」とおっしゃってました。

 

 

モーゼズバスケット

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、写真のような初期のベビーベッドです。写真はMothercare というマタニティー&ベビーグッズ専門店のカタログからお借りしました。カタログ情報によると生後3〜4ヶ月くらいまで使えるそうです。

http://www.mothercare.com

f:id:cream-tea:20161020004029j:plain

イギリスではベビーのベッドは成長に合わせて変えていくのが一般的のようです。

正直、モーゼズバスケットなんて買わなくても最初から日本のようなベビーベッドでいいんじゃないの?と思っていたのですが、マーケットで格安で売られていたモーゼズバスケットを見つけ、一目惚れして購入してしまいました。こちらもとても状態が良かったので持ち主の方にお話を伺ったところ、生まれてきたときから大きめのお子さんだったそうでサイズ的に2ヶ月しか使えなかったとおっしゃってました。

 

 

ファーストベビーカー

ベビーカーも今はいろんなデザイン、メーカーのものがあり、とても迷いました。

生後すぐベビーを寝かせたまま乗せられるpramと呼ばれるものや座って乗せるpushchair、シートの部分を外してそのままチャイルドシートとして車に乗せられるtravel systemタイプなどがあります。

 

日本のものと比べて重くてがっしりしたタイプが多く、折りたたむにも片手でワンタッチというものがあまりなく、折りたたんだ時に自立して立つベビーカーも少ない印象です。というのも、バスなど公共交通機関の中でも畳むことなくベビーカーごと乗るのが一般的で、何度もたたんだり開いたりすることがないのです。

また石畳の路面も多いため、ある程度タイヤが大きくてがっしりしているものが必要という日本とは違った事情もあるようです。

トラベルシステムタイプは使っている方も多いようで、スーパーなどに行くとチャイルドシートごと車から外してそのままスーパーのトロリーに乗せて買い物をしていらっしゃる方を多く見かけます。こちらのスーパーではトロリーも何種類かあり、日本のようにお子さんを直接トロリーに座らせるタイプもありますし、チャイルドシートごと乗せるスペースが作られたトロリーなどもあるのです。

また雨の日が多く寒いスコットランドでは、ベビーと出かける場合 先にチャイルドシートを車から外して家の中に持ち込んで暖かい家の中でベビーをシートに座らせ、その後シートごと車に移動して乗せるというのが一般的のようです。

 

このマーケットでpramタイプからpushchairタイプに変形するベビーカーを見つけ購入しました。お値段は定価の1/4でしたが、こちらもちゃんとパーツなど揃っていて汚れもほとんどなかったので購入を決めました。持ち主の方は、「子供が小さいうちは本当にこのベビーカーで助かったけど、大きくなってちょっと歩けるようになると、もう少し軽くて小型のpushchairの方が便利だからね。買い替えたくなって、だから今回売ることにしたんだ。」とおっしゃってました。

 

 

 

子供を授かると嬉しい反面、子供の成長に合わせて様々なものを買い替えなければならず出費が増えるのも事実。

このようなマーケットを賢く利用して楽しく子育てができたらいいなと思います。