読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スコットランド妊婦検診 その1

妊婦生活 スコットランドの医療

忘れないうちに…今後のために?

今日はスコットランドでの妊婦検診の流れをまとめて書いてみたいと思います。

あくまでも経験談であり、同じイギリスでも地域によって違いがあるかと思います。

 

 

 

妊娠の発覚

多くの方が市販の妊娠検査薬を使って妊娠したことに気づかれると思いますが、スコットランドでも同じ。薬局やスーパーなどで簡単に手に入ります。

 

生理不順で以前日本でPCOSと診断されたこともあり、実は長年ピルを服用していました。今年に入り、夫と相談して今年はちょっとピルをやめ自然妊娠にトライしてみて、それでも無理そうなら不妊治療を考えよう!と話し合っていた矢先のこと。

ピルをやめたあと1回目の生理がなかなか来ず、もともと生理不順だったしこんなものかな?と思っていたのですが、なんだか気分が悪く生理痛のような痛みと少量の茶色いおりものがありました。しかし本格的な生理が始まらないため、「なんかおかしい…」と思い、念のため妊娠検査薬を使用したところ、妊娠が発覚したのでした。

 

 

検査の結果が陽性だったので、かかりつけGPに連絡

妊娠が分かったのが週末だったので、週が明けて月曜日にかかりつけGPに電話。

予約を取って受診される方もあるかもしれませんが、私の場合は電話した際、受付の人に「今週いっぱい予約が詰まってるから早くても受診できるのは来週になるけど…」と言われ、とりあえず妊娠したことを告げると、「それならDrにかわるわ!」と言われ、電話でDrに妊娠を報告。

Dr「あらNana、調子はどう?どんな気分?」
私「妊娠したようです。つわりなのか、ちょっと気分が悪くて貧血があるような気がします。」

Dr「どうして貧血だと思うの?」

私「体がだるくて、起きてるのがしんどいんです。寝てればちょっとは楽だけど。」

Dr「水分は取れてる?葉酸とかサプリメントは飲んでる?」

私「水分は取れてるし、吐くことも今のところないです。昨日から妊婦用の葉酸が入ったサプリメントを飲み始めました。」

Dr「それって、ビタミンAが入ってないものよね。なら大丈夫、飲み続けてね。ここから先は助産師の担当になるけど、助産師には連絡した?」

私「してないです、電話番号もわからないし」

Dr「じゃぁ今から電話して、番号は〇〇、あと、Ready! Steady! Baby!っていうウェブサイトにいろいろ情報載ってるから、それも見てね。お大事にね!」

 

てっきりGPのDrと会って何か診察があるのかと思っていたのですが、電話報告だけで終了。

 

  

Drへの電話報告終了後、今度は助産師へ電話

助産師「どうされました?」

私「妊娠検査薬で陽性反応が出ました。妊娠したみたいです。」

助産師「最終月経はいつですか?」

私「最終月経は◯月◯日ですが、生理周期が長く以前はピルでコントロールしていました。」

助産師「では最後の排卵はいつ頃だと思う?生理周期は何日くらい?」

私「生理周期は◯日くらいで、たぶん◯月◯日くらいが排卵だったと思います。」

助産師「じゃぁ今の妊娠週数は6週くらいかなー。妊娠11週にあたる◯月◯日に初回の検診、12週の◯月◯日に初回のエコーの予約を入れるけど、予定は大丈夫かしら?予約表は改めて自宅に送るわ。お大事に。」

 

 

予約表とその他書類が郵送で届く

数日後、予約の日時が書かれた手紙、写真右の妊婦検診のガイドブック、写真左のCOテストの案内、私の住むエリアの場合どこで出産が可能か書かれた案内、研究やリサーチへの協力依頼の手紙などが届きました。

f:id:cream-tea:20161004203653j:plain

 ガイドブックには大まかな妊婦検診の時期と検査項目、検査の必要性などが書いてあり、出生前診断についても書いてあります。

 

 

妊娠超初期の段階では基本的に診察はなく11週まで待機

日本の場合、妊娠検査薬で陽性反応が出たあと数日以内に産婦人科を受診される方がほとんどだと思います。子宮内に胎嚢があることを確認し子宮外妊娠でないことをチェックしたり、その後も胎児の心拍が確認できるまでは慎重にエコーでチェックしていくことが多いと思います。

日本で看護師として産婦人科で働いていた頃「妊娠検査薬で陽性と出ただけでは本当に妊娠なのか、子宮外妊娠ではないかが分からないから、ちゃんとエコーで調べる必要がある!」という話を毎日のように聞いていたので、12週までエコーがないなんで、もし子宮外妊娠だったら気づいた時には強い腹痛と大出血か…と思うと不安でした。

 

私たち夫婦の場合は、プライベートクリニックでエコーを予約し8週でエコーをしてもらい、単体妊娠であること、ちゃんと心拍もある小さなベビーと卵黄嚢を確認しました。

予算の関係なのか、初期流産に関してはほとんど手の打ちようがないからなのか分かりませんが、NHSスコットランドでは11週まで医療スタッフと会うこともなければ、エコーも12週までないのが現状です。もちろん、異常がある場合はGPに相談したり、救急外来を受診することは可能です。

 

 

 

次回、11週での検診と12週のエコーについて書いてみます。